お金を稼ぐために転職

お金を稼ぐために転職

転職活動時には、履歴書と職務経歴書を準備することが必要不可欠だと考えられています。

転職活動をする際は、「履歴書」「職務経歴書」かならず求められます。会社のほぼすべては履歴書に加えて職務経歴に書かれている内容を元に面接するかどうかを判断するため、この2枚の書類が大事なアイテムです。単に穴を埋めることにとどまらず、内容が充実していることも大切です。
お金を稼ぐために転職

転職する際、現在働いている会社を辞める時に失業保険についての手続きをしなければいけませんが・・

転職の際に今務めている会社を辞める時に「失業保険」をもらうための手続きをしておく必要があるのですが、自分のほうから退職願を出して会社を去る、いわゆる「依願退職」の場合には直ちに実業保険を受け取れるわけではなく手続きが終わった後で失業したことが認められてから3か月経たないともらえない。
お金を稼ぐために転職

最近はスマホは便利でネットで見られる世界では「転職に関するサイト」に類するものが…

今ではPCやスマホで調べればインターネット上には、いわゆる「転職のためのサイト」に類するものが多くて困るくらいいっぱいあったりします。その多くのサイトから自分の目的に合致した転職先と思えるのを探すためにも、まず、情報収集です。こんなサイトをきっちり使うことで、スムーズな転職先を探せます。
お金を稼ぐために転職

新しく就いた仕事でそれまでに培われてきたスキル・キャリア生かすことができ・・

新しい仕事で、それまでに培われてきたスキル・キャリア生かせたら、即戦力として仕事をすることができ割と早く職場での信頼を勝ち得ることができるはずです。会社としても、そういった人材は常に欲しがるものですから、時期さえうまくいけば、簡単に採用されるでしょう。更に過去の業務内容と同じような業務内容なら確率はおおいにあります。
お金を稼ぐために転職

初めて転職する場合、頭に入れておかなければいけないの…

生まれてはじめて転職をするのであれば、心がけるべきことはなぜ今の仕事を去るのかについて頭の中で整理しておくことだといえます。その理由こそが根本の問題になるので、必ずやっておきましょう。現在の問題を解消してくれる会社を選択していきましょう。社会人の転職活動は、在学中の就職活動とは違って、現在の仕事と並行して就職活動を行っていく必要があるため、時間と体力が必要になります。
お金を稼ぐために転職

近時は、ブラック企業がマスコミで注目されたりして、労働条件に対する取り締まりが強くなったり、…

現在、「ブラック企業」が社会問題としてしっかり扱われるようになり、労働条件違反の取り締まりがきびしくなったり、悪質な会社が公開されるなど、損をする流れになってきましたが、まだまだパーフェクトではありません。それゆえ、面接で見破る必要があります。最初に、求人票等に書かれている労働条件を確認し、それらを使って色々と質問してみましょう。
お金を稼ぐために転職

転職するとき、ネットを介して就職斡旋してくれる業者(エージェント…

求職活動においおいて、ネット上で就職を斡旋してくれる、通称「エージェント」すなわち斡旋してくれる会社がありますが、そのようなところに登録し、幸運にも就労先が見つかった場合でも、失業保険を受け取ることはできません。ハローワークを通さずに就職が決まったとしても失業保険とは無関係なので後々、後悔しないようにしたいものです。
お金を稼ぐために転職

仮にあなたが再就職を視野に入れたとき、「Uターン」「Iターン」におい…

もしもあなたが再就職を考えたとき、「Uターン」「Iターン」のように、都市部から郊外・地方に移住したうえで再就職したい、と考える人が増加しています。一昔前とは違い転職サイトを見れば、郊外や地方での求人情報にも容易にアクセスできます。地方や郊外での求人に関しては、都市部ような選択肢がないのが一般的です。
お金を稼ぐために転職

『今すぐ転職したい!』という願望があって、未来の進む道もハッキリしているのなら…

『なるべく早く転職したい!』と思っている人のなかで、その意志が本当に強いものであるなら、辞めたいということをすぐに上司に言うべきです。なぜかというと、相談という形で話せば言いくるめられるおそれがあるので要注意です。そして、実際、私も上司へ転職相談をしたのですが、退職するタイミングを伸ばされてしまい、結局、退職までに半年ちかく掛かりました。
お金を稼ぐために転職

これから転職活動をするという時は、気になる求人(もしくは職種・・

転職活動しているとき、気になった求人(または職種)を見つけたら、きちんと「〇〇業(気になる業種)、ブラック」でネット検索し目を通しておくべきです。求人票や転職エージェントの情報では、その業界のマイナス部分について、アドバイスはないものと思っていてください。