お金を稼ぐために転職

お金を稼ぐために転職

近時は、ブラック企業がマスコミで注目されたりして、労働条件に対する取り締まりが強くなったり、…

現在、「ブラック企業」が社会問題としてしっかり扱われるようになり、労働条件違反の取り締まりがきびしくなったり、悪質な会社が公開されるなど、損をする流れになってきましたが、まだまだパーフェクトではありません。それゆえ、面接で見破る必要があります。最初に、求人票等に書かれている労働条件を確認し、それらを使って色々と質問してみましょう。
お金を稼ぐために転職

転職するとき、ネットを介して就職斡旋してくれる業者(エージェント…

求職活動においおいて、ネット上で就職を斡旋してくれる、通称「エージェント」すなわち斡旋してくれる会社がありますが、そのようなところに登録し、幸運にも就労先が見つかった場合でも、失業保険を受け取ることはできません。ハローワークを通さずに就職が決まったとしても失業保険とは無関係なので後々、後悔しないようにしたいものです。
お金を稼ぐために転職

仮にあなたが再就職を視野に入れたとき、「Uターン」「Iターン」におい…

もしもあなたが再就職を考えたとき、「Uターン」「Iターン」のように、都市部から郊外・地方に移住したうえで再就職したい、と考える人が増加しています。一昔前とは違い転職サイトを見れば、郊外や地方での求人情報にも容易にアクセスできます。地方や郊外での求人に関しては、都市部ような選択肢がないのが一般的です。
お金を稼ぐために転職

『今すぐ転職したい!』という願望があって、未来の進む道もハッキリしているのなら…

『なるべく早く転職したい!』と思っている人のなかで、その意志が本当に強いものであるなら、辞めたいということをすぐに上司に言うべきです。なぜかというと、相談という形で話せば言いくるめられるおそれがあるので要注意です。そして、実際、私も上司へ転職相談をしたのですが、退職するタイミングを伸ばされてしまい、結局、退職までに半年ちかく掛かりました。
お金を稼ぐために転職

これから転職活動をするという時は、気になる求人(もしくは職種・・

転職活動しているとき、気になった求人(または職種)を見つけたら、きちんと「〇〇業(気になる業種)、ブラック」でネット検索し目を通しておくべきです。求人票や転職エージェントの情報では、その業界のマイナス部分について、アドバイスはないものと思っていてください。
お金を稼ぐために転職

以前の求人誌に募集要項の中に「性別」まで、明確に記載されていました。

数年前の求人誌では、募集条件の中に「性別」まで、はっきりと書かれていました。ですが最近では、1986年に男女雇用機会均等法が施行され、男女の求人・採用差別をしてはならないルールができて、募集要項のなかに「性別」を明記できなくなりました。ですが、募集する側には実際のところどちらが希望と言う想いがあるはずです。
お金を稼ぐために転職

派遣として勤務しています。労働契約法の関連でやむを得ず、…

派遣社員として働いています。派遣法や労働契約法の関連で不本意ですが長く働いた就業先での仕事があと数週間で終わります。同じ派遣である方の中には、派遣先から直接雇用の待遇を手に入れた方もいるのですが採用された理由としてはぶっちゃけ仕事の実力とは関係なく派遣先の上司への媚びへつらいが得意な人でお引き立てがあった気配。
お金を稼ぐために転職

今ある自分のスキルを武器に再就職をしていく場合、比較的、再就職しやすい業種と…

自身のスキルや資格を有効活用しつつ、転職を考える際は、転職がしやすい業界と、しづらい業種を事前に知っておきましょう。再就職がむずかしくないジャンルは、慢性的に人材が不足している医療や介護系の業種が代表例といえます。医療・介護は、それぞれ看護師・介護士の「資格」が必要で、ハードルの高いジャンルといえます。
お金を稼ぐために転職

転職する場合は、あれこれ情報収集されるとは思いますが…

転職活動をするとき、いろんな手段で情報を得ることが多いと思いますが、転職についての口コミサイトの利用を強くおすすめします。一時期、会社に不利益となる悪い口コミが書かれたということで、損害賠償を、その掲載会社に請求した事例がありましたが、辞めた社員の腹いせによってその種の口コミが投稿されていると見るのが一般的ですが、異なる角度から見れば、口コミの内容が嘘であれば、会社としては気にする必要はないはずです。
お金を稼ぐために転職

もしもあなたが、とらばーゆを思い立ったのなら、周囲の人間には…

仮にあなたが、とらばーゆの決断したのであれば、徹底的に会社の人間にはその気持ちがばれないように、転職活動を進め、現職期間中には、できる限り周囲に知られないように普通に振舞うのが良い形といえます。働いている間、その点を心にとめておけば、希望通りの希望通りの働き先がすぐに見付けることができなくても、転職時期を引き伸ばしながら、現在の職をそれまで通りに続けることも何も問題ありません。