転職するため職探しをする場合に気を付けたほうがよい求人…

転職のため職探しをする際に注意すべき求人は、そこまできつそうな仕事ではないのに給料が高・・

転職するため職探しをする際に特に注意が必要な求人の募集内容は、そんなにきつそうな仕事ではないのに給料が高めで、拘束される時間が長いものです。このような募集では、記載されている給料に『みなし残業代』を含んで計算していることが少なくありません。みなし残業代というのは、別名『みなし』とも言われ、30時間・45時間という感じで求人の内容に時間が併記してあります。毎月これくらいの残業が想定されるため、最初から給料に残業代を組み込んでおくというシステムです。(注・違法ではありません)例えば求人に『みなし残業代25時間込』と表記されていれば、「書かれた時間分の残業代を入れれば、この給料がもらえます」という意味になるわけです。が、悪質なブラック系の求人ではこの『みなし』という言葉が可能性もあるので要注意です。

この前、転職したばかりなのに、入ってすぐに辞めてしまうケー…

2ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりというのに、数ヶ月しかたっていないのに辞めてしまうことを決断する人が思いの外少なくないのです。私の考えでは新たな気持で良い仕事で勤務を始めてみたものの、「思っていた仕事とだいぶギャップがあって幻滅した」「ルールに慣れなかった」ということがワケで別の仕事を探すのじゃあないかと思います。できればこのような、転職に関しての失敗を後悔しないためには、とにかく事前の情報収集を欠かせません。職場内の環境、業務におけるルール、給与システム、など多角的に調べておくことで気になる点は職に就く前の段階でチェックしておきましょう。

現代では、いわゆるブラック企業が大きな問題となり、労働条件違反の取り締まりが強くなった…

今日では、「ブラック企業」が社会問題としてしっかり扱われるようになり、労働条件に関する取り締まりが活溌になったり、悪質な企業は公開されたりと、損をする仕組みができてきましたが、完全には程遠い状況です。したがって、面接で見破る必要が生じます。はじめに、求人票などで労働条件をチェックし、それらの項目を一点ずつ遠慮せずに質問してみることです。相手が「ブラック企業」な場合、求人票の記載が嘘の場合、明確な返答ができなかったり、その場での回答を避けるなど逃げの姿勢に入ります。「給与」「残業」「休日」については、質問していくうちに、渋い表情を見せる場合が多いです。それでも食い下がると、ふてくされた態度を見せるので、そこで相手がウソをついていると確信できます。このような会社は入社してからもこのような態度であることが多いので、何か違和感を感じたら、入社は止めるべきです。

これから転職する場合、正社員ではなく「派遣社員」を選択予定の方…

転職を、正社員ではなく「派遣社員」を選択予定の方に覚えてほしいポイントが複数あります。なんとなく派遣社員に関しては、電話対応、データの入力などの雑務、雑用等をのような仕事をなんとなくイメージされることがおそらく少なくないでしょう。実は私自身もまさにそう思っていました。今、働いている会社に入社するまでは「派遣社員」の募集に応募した際にも、「業務は電話対応になります」と直接説明を受けました。しかしいざ働き始めると、「電話対応」に加え、辞めた正社員の穴埋め業務を頼まれました。的確に動けるわけもなく、入社前の説明とは異なる内容ばかりなので毎日非常に参っています。今はただ「一刻もはやく契約終了日が来てほしい」と願うばかりです。

その昔は看護婦と呼んでいた看護師といえば、女性のかなり…

その昔は看護婦という名前だった看護師は仕事としてやっぱり女性の割合が大きい職です。加えて、気力あるいは体力へのひどく消耗が激しい傾向にあります。とうぜん職場の人間関係の問題や、自身の結婚や出産といった仕事と私生活のバランスが難しい業種ともいえます。実際、そういった問題によって職場を変える人が多い現実があります。人が固定化しづらい環境であるために、看護師は、国内のどのエリアでも人材不足になっています。常にそれぞれの医療機関は看護師を求めている「売り手市場」となっていて、転職の増加を後押しする原因になっているのでしょう。

転職候補に挙がっている会社の会社見学ができれば、すごく参考になります。

転職候補先で会社見学などがあるとすごく勉強になります。とくに、「職人」がいる会社での見学は、スキルを近くで見られるので楽しみです。でも、残念ながら「職人」がいる会社見学は、ほぼ見学者には、いつもの現場を見せることが少ないです。典型的な例を挙げると、ブルーワーカーといわれる肉体労働などの分野です。このジャンルでは、個人のプライドが強いので実際に入社してからでないと、実際の姿は伺えないものです。なので、見学内容イコール仕事現場、と解釈しないことが重要なのです。さらに、会社見学の時に実際に仕事体験できる会社は問題がありますから選択肢に入れるのはやめておきましょう。雇用契約を結んでいない人間には、仮にケガなどのトラブルに見舞われたとしても、保障も一切ないので、担当者から勧められてもていねいに断るほうが良いでしょう。

転職によって勤め先を一新するということは、自分自身に…

転職によって職場を一新するということは、自分に合う自分の希望に近い転職先を見つけ出したほうが好ましいということです。職場を変えればうってつけの仕事にありつくことができるかもしれません。しかし、マイナスの面も持ち合わせていて、転職先にふさわしいスキルを持っていないと、良い職は得にくいはずです。別の言い方をすると、自分の価値をあげれば、天職に恵まれることも可能、ということです。今の時代は職業選択の自由が社会的に認知されているので、職場や業種を変えたとしても困難も生じないでしょう。事実、終身雇用がなくなりつつある今現在、「価値ある人材が欲しい」と希望する企業もだんだん多くなっているので、このチャンスを有効に使ってみてください。