初挑戦となる業界などに転職をしようとするときには、前の業界で、自…

経験したことがない分野などに職を移そうとするときには・・

経験のない分野などに転業したいと思っている場合には、前の職場で、自分が身についた力や経験が生きるという内容のアピールが必要です。初めての業種の場合、未経験の分だけその分野の経験者よりも事実、損にはなりますが、自らの持っている能力がその場でも発揮することができるということをうまく相手に話すことができれば、戦える場合もあり得ます。以上のことを踏まえ経験が全くない業界に挑戦するときには、その分野と自分がこれまでやってきた仕事との関係性を可能な限り探し出してみましょう。

転職活動のコツは希望する企業そのもの、というよりも採用担当の面接官・・

転職活動のコツは希望する企業そのもの、というよりもどちらかというと「担当面接官」との勝負といってもいいでしょう。希望する企業に採用されるために、先ずは肩の力を抜いて焦る気持ちを抑え、平常心を意識しましょう。例えればお見合いをする姿勢で向かうと緊張がとけるかもしれません。面接官は先ずあなたの雰囲気や人間性を判定してもらうので悪い印象を与える態度は気をつけて控えましょう。また良識ある社会人らしさが伝わるように、整った服装を意識してください。オーラを感じさせることができればいいです。魅力ある人として面接官に認めてもらえれば、きっと良い結果で転職活動を終えることができるでしょう。

自身のスキルや資格を活かしつつ、再就職をするつもりなら…

自身のスキルを活かしつつ、転職活動をするつもりなら、そのスキルがプラスになる転職しやすい業界と比較的、転職が難しい業種がある事を大まかに知っておきましょう。転職がむずかしくないジャンルは、働き手がいないと問題となっている「医療・介護」の分野が代表例といえます。医療・介護は、それぞれ看護師・介護士資格を持っていることが必須条件となりますので、ハードルが高く、売り手市場となっています。でも現在、「医療・介護」の仕事をしていて、様々な事情により、異業種に再就職する事を考える場合、注意が必要です。「医療」「介護」以外の流動性は決して高くないということを理解しておきましょう。というわけで、簡単に考えないことが大切です。異業種への転職される場合は、ほかの分野の仕事では「医療」「介護」みたいな売り手市場とはいかないと、理解しておきましょう。

新卒で採用された会社で怒りっぽい上司に頭を抱え、最後…

就業していた会社で意地の悪い上司に困惑してしまい、その結果我慢ができなくなり退職し、同じ畑の別の企業に職を移しました。気分よく勤務することができてきわめて充実した日々でしたが、だんだんと会社の収益が少なくなり、ついにはある会社に経営統合されることになったのです。その経営統合先の会社が驚くなかれ前に勤務していた会社で、それどころか転職のきっかけとなった上司がまた私の上司になることに。こういう悪いめぐり合わせとは、なんでこんな縁があるのでしょうか。当たり前ですが新しい転職活動を始めています。

再就職の面接においてクールビズでもOKとと書かれていることもあります。しかし、…

再就職の時にする面接では会社側からクールビズでお越しくださいと事前に連絡が来る場合もありますが、クールビズの格好は良くない印象を与えるのではないか?と疑う人もいます。クールビズに関する不安を懐に持っている方に進言したいのは、企業側からクールビズで来るように言われた面接なら、書かれていることを素直に聞き入れるほうが確かです。色々迷うことによってしまい、暑い季節にきちっとしたスーツの格好をしていくと不自然なイメージを持たれてしまいますから、企業側からクールビズでお越しくださいと言われたらクールビズで良いのです。

従兄の話です。始めに大学生のときの就職活動でなにがなんでも働きたか・・

こうした話は知人の話です。就職活動を始めて新卒採用にてなにがなんでも入りたかった目標であるA社で行われた入社試験で、最後の役員面接で不採用となり、その後不本意ながら別の会社で働くことになりました。その後2年経たぐらいに派遣の求人のサイトで偶然A社の紹介予定派遣の仕事を発見することができ、気持ちを抑えることができず当時働いていた会社をすぐに辞め、A社で派遣の就業を開始、勇気がありますね。一生懸命頑張ってその後憧れのA社で正社員として採用されて、現在は仕事に誇りを持ちながら楽しく勤務しています。

転職で面接でほぼ絶対に投げかけられる質問が以前勤務していたところを退職し…

再就職をする際でかなり高い確率で問いかけられるのが会社を退職したのはなぜか、という話です。この質問が出た時には話の内容を辞めた会社からそらしたほうが無難です。前職を退職するに至った経緯が中心となり話が進むと言うまでもなく面接において不利なことを含んだ面接になってしまいますから。どうこの点に関して話せば良いかと言うと、なぜ前の会社を辞めたかという点をこちらの会社にぜひとも入りたいと思っていたからといった話の中身にすべきということで、自己アピールもかねて今、自分が入社したい会社に話を向けるべきです。転職理由でも、その会社の話であれば、マイナス面を隠し好印象の辞職の理由に変えることが可能です。