新卒採用で入社した会社を退職し転職を決断しました。

新卒採用で入った会社を辞めて、一歩踏み出して転職すると決めました。

新卒採用で入社しましたが、悩んだ結果、転職すると決意しました。実際にやめる前後は、相当に悩み、不安な気持ちになりました。しかし、社会に出て数年経てば転職をして中途採用として働いている人が大半であると転職活動をしていく中で知り、自然と不安な気持ちが無くなりました。1回転職をすれば、自然と肩の荷が下りる気持ちになり、「自分のやりたいこと」が再確認できて毎日が見違えるように変化しました。いまだ「仕事を途中でやめるなんてダメだ」というような転職に対してマイナスな意見もありますが、それが正しいのかなと思いました。私のケースでは転職をやって良かったと思っています。

派遣のお仕事が決まりました。最初の勤務日に営業担当の…

派遣で働く会社が決まりました。仕事の最初の日に営業の担当の方と勤務先の会社の近くのコンビニで待ち合わせたところ、彼がどういうわけかコンビニの前にいなかったので店の中にいるのかもしれないと考え店の中に入っていったら、彼は大胆にも雑誌売り場前の通路にしゃがみ込んでいかがわしいグラビアのページを開けて見ているではないですか。こんな担当の人の仕事なんて絶対に無理と判断し、挨拶することもなく気付かれないように店内から出てすぐに派遣会社へ仕事を辞退する旨を電話で伝えました。

転職するときには、いろんな手段で情報を集める人が大半だと思いますが…

転職活動をするにあたっては、いろんな手段で情報を得るのが通常だと思いますが、転職についての口コミサイトは非常に有益です。以前、会社に不都合な内容の口コミが掲載されたということで、運営サイトを相手に損害賠償請求を起こしたケースもありました。辞めさせられた社員の報復としてそういった口コミが投稿されたという見方が一般的ですが、別の角度から見れば、書き込みの内容が真実でなければ、会社としては気にしなくていいようにも思えます。ですが、実際は『クロ』で「このままではマズイと思い、はやく火消しをしよう」と考えている可能性もあります。口コミサイトも炎上によって注目されるので黙認しますが、悪い口コミが多いと言う事はその分入社後に厄介事が降りかかる可能性も高いと判断して問題ないでしょう。何より、良い会社にはトラブルなんて発生しません。

昔から日本には「石の上にも三年」という生きていくうえで戒めとなるべき言葉があります。

日本には「石の上にも三年」という生きていくうえで戒めとなるべき言葉があります。1998年に派遣法において対象業務が自由化したとともにないものと同然である「終身雇用制度」。「転職」は決して珍しいものでなくなっています。が、「仕事を変えること」が珍しくなくなってきたとはいえ、安易に仕事を選択し転職を繰り返して良いワケはありません。転職を検討する際は、適したを図る必要があります。最初に、現在の職場・仕事、職場に関して、不服を強く感じていることを約10項目書き出してみてください。この作業が、再就職に良いヒントを与えてくれます。そしてあなたが、いつか決断した時にはできるだけ素早く、より良い仕事ができるように自分なりに努力してみてください。

長く接客業で勤めてきましたが、年のせいか立って行う仕事は…

長いこと接客業で勤務していたのですが、年齢を重ねると共に立った仕事は体力的につらいため、座って仕事を続けられる事務系のお仕事へ転職することを志して動き始めました。事務の経験がないとなると少々厳しくて、それなら接客業の経験も活かせる受付兼医療事務になろうと資格も取り個人クリニックに転職しました。周囲はベテランの先輩パートさんだらけで人間関係に関しても複雑。夜間のシフトばっかり押し付けられ、接客業で働いていた頃より帰宅する時間も遅いわけですが、とにかく今はキャリア形成の時期と思って我慢します。

自分自身の大好きなことを仕事にしたいという風に思っている方は注意です。

得意なことや大好きなことを仕事にしたいという風に考えている方は注意です。これは、私の体験に基づいたことなのですが、私の場合、もともと食べることが本当に大好きでかつては、料理店に勤めていたことがあります。そのレストランでの業務は、そのお店で私が任されていた業務内容は、簡単な盛り付けやホール業務です。この仕事内容については、不満もなく楽しんでいたのですが、人間関係で嫌になりました。ということが引き金となって仕事をやめることにしたのですが、その影響で、あんなに好きだった食べることやそのレストランでメニューとして扱われていた食べ物すら嫌になってしまい、よく似た店には今も行けません。当時の匂いを思い出すだけで気分が悪くなります。この仕事に就いたばかりの頃は、大好きだったことがキライになるとは思いませんでした。自分の得意なことや好きなことを仕事にしたいと願い、実現させることは本当に素敵だとは思います。しかし、「好き」のレベルはどの程度のものなのか、冷静に向き合う必要があります。

求人サイトをチェックする際、デスクワークがしたいから…

求人に係る情報を見るとき、「事務系の仕事をしたい」と考えている人ほどはなから製造業を見逃してしまっていますが、そのような人は、「製造業は製造マンの求人募集だけだ」と早合点していることが少なくありません。現に、製造業での求人であったとしても、経理、総務といったスタッフ募集に加え、購買、営業管理のような「事務系」に類する部署もとても多いです。とはいえ、製造業の勤め先自体、オフィス街から離れた地域に構えていることが多いですからその点がデメリットに感じる人もいるかもしれません。とはいえ、自らのこだわりを捨てることで良い仕事や出会いが得られる可能性もあるので、ぜひ視野に入れてみてください。