近時は、ブラック企業がマスコミで注目されたりして、労働条件に対する取り締まりが強くなったり、…

近時は、ブラック企業がニュースで取り上げられたりして・・

現代では、「ブラック企業」が社会問題としてしっかり扱われるようになり、労働条件についての取り締まりが強くなったり、悪質な会社が公開されたりするなど、厳罰に処せられる傾向にありますが、まだまだ不完全です。そこで、面接で見破る必要があります。ともかく、求人票等に書かれている労働条件をチェックし、それらの項目ひとつひとつについて聞いてみることです。おおよそブラック企業であれば、記載内容にウソがあったときは、返答が不自然になります。「その場ではハッキリとは答えられない」とはぐらかしをしてくるはずです。「給与」「休日」「残業」の箇所については、詳しく聞いていくと、渋い顔をする場合が多くあります。それでもめげずに尋ねていくと、ブラック企業特有の高圧的な態度や、ふてくされたような態度を見せはじめるので、その瞬間に相手のウソを確信できます。この手の会社は、募集要項を遵守してくれない上に、入社後もふてぶてしい態度でいることが多いため、入社はキャンセルするのが無難でしょう。

転職する場合、正社員ではなく「派遣社員」を選択しようと思っている…

転職する場合、派遣社員という勤務形態を考えている方にぜひ注意して欲しい点が複数あります。まずはじめに派遣と聞くとデータの入力、お茶出しなどの雑務、雑用等をなどの仕事内容をぼんやりとイメージされることが多いとは思います。実は私も今、働いている職場に入社するまでは「派遣社員」の募集に応募したとき、「業務は電話対応になります」と入社前に派遣会社の担当者からも聞いていました。ですが、業務に掛かると、まさか辞めた正社員さんの穴埋め業務をやってくれと言われました。毎回、あれこれ要求されますし、当初の説明と大きな食い違いがあるので日々非常に参っています。現在は、「はやく契約期間が終わってほしい」と願うばかりです。

以前は看護婦と言われていた看護師というのは仕事と…

その昔は看護婦と言った看護師は働く者として女性比率がとても大きい職です。また気力だけでなく体力へのかなり消耗が激しい特徴もあります。そのために、職場の人間関係が上手くいかなかったり、結婚や出産によって仕事とプライベートとの両立が取りづらい業種ともいえます。実際に、人付き合いや公私のバランスに悩み、職場を替える人がとても多い現実があります。色々と過酷な環境であるために、看護師は、どのエリアでも慢性的な人材不足になっています。最近は特に、各病院は、看護師を必要とする「売り手市場」となっていて、それが転職増加の原因になっているのでしょう。

転職しようと考えている会社で見学などがあれば、すごく参考になります。

転職したい会社の会社見学ができれば、すごく参考になります。また、技術を必要とされる業種なら、スキルを近くで見られるため、ワクワクします。でも、「職人」がいる会社見学は、ほとんどの場合見学者には、いつも通りの仕事風景とは違っているものです。その最たるものが、ブルーワーカーなどの職種です。個人のプライドも高い業種なので、入社後でなければ、実際の姿は伺えないものです。なので、「見学現場=仕事現場」と決めつけないことがたいへん大切です。ましてや、会社見学時に実際に仕事体験ができる会社はかなり問題がありますから正直言って、気を付けるべきです。入社していない段階では万が一問題が起きたとしても、保障が一切ないので、仮に、勧められてもていねいに断るのが無難です。

再就職することで勤め先を新しく替えるということは、自身に合…

転職で職場を一新するということは、自身に見合った自分の理想に近い、今よりもずっと心地良い場所に再就職したいものです。勤め先を変えれば、自分の向いている仕事にありつくことができるかもしれません。けれども、苦しいことも少なからずあって、雇用側が必要とするスキルを持っていないと、転職自体が難しいです。他の言い方をすると、あなたの技量次第で天職に就くことができるチャンスがある、ということです。現代は、「職業選択の自由」が社会的に当たり前になっているので、転職を決断しても偏見を持たれる不安もありません。終身雇用制度が崩壊に向かいつつある現在は「価値ある人材が欲しい」が願っている企業も増加していますので、この好機を生かしていきましょう。

年内中に転職される人で次の仕事をする前にまだ期間があるのなら・・

今年中に転職予定がある人で、次の仕事を始めるまでにまだ時間があるのなら、できれば「失業手当」をもらっておきましょう。この手当てはあなたが勤めている会社側で「雇用保険」を払っているのなら、申請をすれば誰でも失業手当を手にできます。手続きに関しては、「ハローワーク」で行います。自己都合で会社を辞めたのなら、失業手当を受け取るまでに3ヶ月の待機期間があるのですが、勤めている企業の都合での退職、あるいは残業時間次第では日数をおかずすぐにもらえる場合もあります。なお、受け取れる「失業手当」の金額は、会社の辞めた月の給料を基準に割り出されるので勤めている会社に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の場合は、理想なのは「繁忙期」後に辞めるのがお勧めです。

転職活動をしている際に、絶対に尋ねられるのは志望動機と転職理由の2つです。

転職活動をしていて面接時に間違いなく質問されるのは志望動機と転職理由の2つです。志望動機に限っては、正直に話しても差し支えないですが、転職理由について率直に伝えるのはよくありません。転職理由でよくある給与が納得できないことや、同僚や上司とのイザコザ、職場内での問題点など、面接官に好印象を持ってもらえるものではありません。自分が不利になることをストレートに話す人は極めて稀だと思いますが、採用担当者はそのような部分を注視しがちなので、慎重になりつつ、あなたへ探りを入れてきます。悪い印象を与えずに答える方法としては、現職の業務内容以外を一切話さないことです。そしてさらに、「入社したら、〇〇をやっていきます「いついつまでに〇〇は叶えるつもりです」、「こういった私の希望が叶うのは御社だけだと思っています」、といったように巧妙に話をすり替えましょう。