これから転職活動をするという時は、気になる求人(もしくは職種・・

転職活動しているとき、気になる求人(業種)を見るたびに…

  • 将来転職活動をするという時は、良いと思う求人(OR 業界)があれば、逐一、「〇〇業(気になる業界)、ブラック」でネットで検索したほうがいいです。求人票や担当してくれる転職エージェントの言葉からは業界のマイナスにあたる箇所は、教えてはもらえません。もしも、ブラック案件が蔓延している業種なら、インターネット検索を通じてカンタンにおおまかな実態を理解できます。そういった検索をしないまま、仕事を始めてしまうと、あとからしっぺ返しを食らうおそれがあります。だいたい求人が出ている理由が、「仕事内容がキツイから入っても続かない」というケースが少なくないのです。目に留まった案件について、しっかり調べた上で応募しましょう。
  • 転職先を探している期間中は、自分の好きなことに時間を費やしたり…

  • 転職期間中には、自分の好きなことに打ち込むことに加え、体力の向上を意識しておくとベストです。勤め口が見つかり、仕事を再始動したとき、趣味に打ち込んでいたことで、無意識の間に集中しやすい体質になっています。さらに体力アップが図れていることで、他の社員と比較すると疲れない体になっているということを自覚します。というわけで、自分の好きなこと趣味に時間を充てることと、体力アップを図ることをするのが何より良い事なのです。転職後、職場のなかであなたと同じ趣味の方と知り合えたなら、話が盛り上がります。ですからこれまで挑戦してなかった事に手を出すのも転職期間中の自由な時間の利用方法としてはおすすめです。
  • 仕事の面接で着るビジネススーツのカラーは、新卒の就職・・

  • 転職の時の面接で必要となるビジネススーツの色については、新卒の就活の際にに身に付けている色が一般的となっています。ですので、黒や紺色のような暗い色味、ということになります。それは再就職のケースでも、着ていくスーツのカラーに関しては新卒の就活の時のような落ち着いたカラーがほとんどで、黒や紺以外の色の人はほとんど見ることはありません。強いて言えば、まれにグレー系を着ている人がいるくらいです。ほぼ黒や紺が圧倒的に多いので、採用担当の人も黒や紺色であるほうが普通に感じます。ですから、見た目の印象という観点ではぜひおすすめします。
  • 転職をしようとする際に準備しなくてはいけない履歴書や職務経歴書などについて…

  • 転職をしようとする場合、必ず準備する履歴書や職務経歴書においてですが、だいたいは自筆ではなく、パソコンを使って作成するのが一般的です。現在の日本においては履歴書はパソコンを使わずペンを使って作るというのが普通だと考えられていることも多々あるようですが、それは新卒に関する就職活動やアルバイトやパートの際に作成する履歴書であって、転職をする時については履歴書や職務経歴書は100%手書きじゃないといけないとまでは言うことはできません。自筆の履歴書の方を高く買うところもあるようですが、そうじゃない会社がどんどん増えてきているようなので、手書きでなくても良いケースは意外にも大量にあるのです。
  • 失業した人に給付される失業保険は、失業のあいだが給付条件ですが…

  • 失業した際に受け取れる失業保険は、失業中でなければもらえませんが、給付される期間が定められています。それまで勤務してきた期間に応じて違い、90とか120日とか決定されるのですが、なんとこの事実を知らない人がいたりします。期間の制限がないと勘違いして「失業保険が給付される間は遊びに使う」という人を見かけますが、給付期間の終わり際にやっと自分の誤りに気付き焦りながら就業先を探し始めても条件のよい仕事を探すのは至難の業です。転職候補となる会社の面接官も無能ではないので、失業中に遊び惚けていなかったのかといった点はだいたい相手(面接担当者)にバレてしまいます。相手によっては、面接官から失業中何をしていたのかことごとく聞かれます。返答に窮したり、すぐバレるような嘘をついてしまうと、採用されることはまずありません。
  • 比較的時間に融通が効くはずの派遣社員だからといって契約期間を過ぎた…

  • 時間に融通が効くはずの派遣社員であっても、1年ごとにすぐ退職できるというわけではないことを実際に転職を経験して実感しました。私は結婚した後、落ち着いたらすぐにでも子供を持ちたかったので、子供ができる日が来るまでのあいだ、数年ほど現在の会社でそのまま仕事をしておきたいと思い、就職しました。フルタイムでなく派遣社員としてだったので、正社員より月収は少なめでしたが、仕方ないので時間的な融通のために、この道を選択しました。しかし、いざ入社したあとで、一緒に働く人たちはほとんどの方が10年、15年と続けていらっしゃったのです。意外にも派遣といえども、契約が過ぎたらすぐに辞められる雰囲気もないと知り、これが今の悩みになっています。
  • 転職活動を現職と同時に行っている人が多いです。

  • 転職活動を現在の仕事と同時に行う人が多いです。しかしながら、忙しく仕事を行いつつ求人を見つけて応募したり、面接を受けるのは精神も肉体もハードといえるでしょう。現職の同僚・上司たちにも気づかれないように気を遣う必要もあります。そんな状況下で、「とりあえず応募しておこう」という人がいますが、そのまま書類選考が通り、いざ面接というときに辞退すると今後の転職活動がうまくいかなくなるおそれがあります。エージェントを使っていた場合は、エージェントに悪いイメージを与えてしまいますし、それとは異なり直接応募していた場合も相手企業からしつこく電話やメールがあることもあります。どちらにしても貴重な時間を失う結果になるおそれもあるので、行く気のない応募は辞めておきましょう。転職活動は、新卒の就活とは全く違う、と理解しなければいけません。