以前の求人誌に募集要項の中に「性別」まで、明確に記載されていました。

以前の求人情報では、必要とする人材の「性別」まで書かれているのが普通でした。

数年前は求人情報では、雇用主が求める人材の「性別」まで当然のように書かれていました。ですが現在では、男女雇用機会均等法が施行され、雇用において、男女差別がしてはいけない事が決まり、応募資格の概要に「性別」が無記載となりました。そうはいうものの、募集情報を出す側は、男性・女性どちらでも等しく採用するとは限らないのです。実際問題、男手が欲しいジャンルに女性が募集にやってきたり、女性が必要なのに男性が来てしまったり、というようなトラブルに悩まされる場合もちらほら。もしも、「女性が活躍できる仕事場です」と記載のある求人募集の場合は、雇用側が働き手は女性を必要としている、と捉えておくトラブルを回避できます。

派遣会社に登録をしています。サイト内でふと自分にぴったりの仕…

このところ私は派遣会社を通じて働いています。インターネットサイトで何の気なしに自分に合っていそうな仕事を見つけて確認してみると「残念ながらその仕事は、別の人が採用されました」とお断りされてしまい一時的にウェブサイト内から仕事の情報を閲覧できなくなるのですが、どういうわけか翌日に閲覧するともう一度載っています。それって結局私ではよくないのだっていう意味ですよね。そういうことであるならばカドが立たない程度で正直に言ってくれればありがたいのですが、なかなかそういうわけにいかないでしょうか。それともまたダミーの仕事なのでしょうか?

いい企業に入りたいと転職をする活動をしている中のときの場合は…

今と違った企業の社員になりたいと転職をする活動をする人というのは、「ほんの少しでもはやく、内定を手にしたい」と思っているものです。ただ、それで吉報が得たいばかり、自身の能力について、嘘の申告をしたり、またその反対に自分を安売りするような売り込みをするのは出来るだけ止めておきましょう。大事なのは焦る気持ちはこらえて、冷静に、そして客観的に、自分にふさわしい職場を探すことに集中しましょう。これまでのキャリアを活用できるように、さらに、今後のキャリアアップが期待できる場所を賢く選択してみましょう。

転職活動において最後にクリアしなければいけない問題とし・・

転職活動をする際の最後に残る厄介な難問として、今の仕事を辞めることがあります。転職がうまくいっても、今いる企業が退職を慰留することもよくあります。もしそうなってしまったら、困難に負けずに退職する、という強い気持ちでいることを大事です。たとえ引き留められて、一時は思いとどまったとしても、一度辞めたい、と思った会社は、結局は長続きしないでしょう。退職をスムーズに行うためには、まず会社の規定をチェックしておき、退職の要件を満たす、日数を超過する年月以降の退職日設定に加え、退職届をつくっておきましょう。そして、決定権のある上司と直接話し、「退職についての交渉は、すべてお断りします」と遠慮せずに伝えましょう。円満退社を目指すのも転職活動を成功させるためには必須です。

転職活動にあたってそれなりの準備は必要です。

転職活動を進めるには、それなりの準備は必要不可欠です。準備といってもたくさんあるのですが、その中でも目に見えるファッションは大事に感じてしまいます。…が、近年の面接については、形式ばらない服装で大丈夫な会社があるので、ガッチリとビジネススーツで決めて行く必要がない場合もあります。とくに会社の創設したての企業などは、考え方が柔軟で私服で面接の場に行ったほうが、良い印象を持ってもらえます。また、フランクに話が出来るのも魅力です。さらに、私服を見せることで面接中、ファッションについて、盛り上がる可能性もありますから、もしかしたら担当者に気に入らえるチャンスを作れます。ということから、今から転職活動をするつもりなら、企業の「設立した年」をチェックしてみて、(ベンチャー系企業の)面接時にはスーツは着ずに私服で勝負してみるのもアリかもしれません。

友人からの紹介によって転職する先を探す人もいるでしょう。

知人の紹介で転職の先を見付ける人がいます。ですが、転職した先の労働環境やそれから労働条件などを知っている人からの口コミをあんまり信用しすぎると後々面倒なことになるかもしれません。というのも、一人の個人の口コミは主観的な色合いが強く、客観性に乏しいためです。要するに友人・知人にとって、心地よい職場だとしても、自身にとってはストレスフルな可能性なのかもしれません。その逆も然りです。職場環境の良し悪しは、人それぞれです。口コミだけで判断せず、最後は自身の目で確かめておくことも大切です。

20代で転職を2回した為、いまは複数の資格をとるために、…

これまで20代前半に転職を数回経験して、現在、資格の勉強をしながら、派遣社員として働いています。フルタイムの勤務ではないので毎月の収入は過去の仕事よりも少ないです。ですが、以前より心と時間的な余裕ができました。たまに、学生時代にいくつか取った資格を生かして仕事を続けるという方は本当に稀です。やはり、実際に、そういった人を見る度、なんだか羨ましく見えてしまいます。前の私は、うまくいってる人と自分と比べて、悩んでしまうこともありました。しかし現在では、結婚してから、がらりと生活そのものが大きく変化し、その中で仕事や将来の夢も定まったので、毎日が充実しています。