派遣として勤務しています。労働契約法の関連でやむを得ず、…

派遣で勤務しています。労働契約法により長い期間働・・

派遣で就業しています。派遣法や労働契約法の関係で残念ですが長期間務めていた企業での仕事があと数週間で終了します。仲間の派遣社員の中には派遣の就業先で正規社員としての契約を得た人もいるのですがその理由としてはぶっちゃけると仕事の実力というよりは派遣先上司の扱い方が上手でそのおかげで採用された様子。仕事のスキルよりもおじさん転がし能力が必要なのかなーと抜擢されなかった他の派遣のメンバーと職場で愚痴を言ってます。

がんばっている転職活動で「私はこれまでこのような種…

転職する活動時、「自分は今までずっとこのような職場の仕事をしました」「過去の仕事によって、手にした技術は、、、です」とそれまでの自分自身の成功体験やセールスポイントを強調してアピールする人はかなり多いです。ですが、応募し新たな場所で「機会があればこういうような仕事をしたい」「私が話したような業務なら積極的に貢献したい」と将来のプランで自分自身をアピールしていったほうが過去を語るよりも聞き手からの反応は良いものになります。この点をしっかり意識しておくと、転職活動が効率的なものとなります。

今のあなたの職場や仕事内容に対して、ほとんどの人は、少なからず何かしらの不満点を感じているでしょう。

今の自分の職場や業務について何かしらの不満があるはずです。「自分のスキルや仕事での能力を真摯に評価してくれない」さらに、「月給アップも、レベルアップも出来ない」と言う不服を漏らす人もいます。しかし、上記のような不満を持っている人のなかには自分の本来の能力を実際よりも「過大評価」していることもあります。仮に、そういった人が転職活動をした場合、「この企業や職種では、自分を活かせない」と転職するまでに長い時間がかかると言う事に陥りがちです。という事態に陥りがちです。ですから転職で成果をだすためには、自身のキャパシティを客観的に分析することからはじめて見てください。

現在では、株・不動産投資といった、不労所得のほかに独立・起業といった生き方も社会的に人気を集めています。

昨今では、株・不動産投資などの不労所得や自営業、起業等、そういった社会的背景もあり、「自営業は安定しない」といった考えも変わりつつあります。1960年代ごろの高度経済成長の時代には、安定しない自営業者よりも組織の一員であるほうがはるかに安定性があり、人のあるべき形として、またそれが自然のことのように社会に認知されていました。しかし、そんな社会全体が等しく成長する時代は終わり、今は、「成熟期」といった名称で言われています。将来的にはコンピューターの進化につれて、機械化や自動化が加速し、社会においては人手が必要なくなると言われています。

会社が原因で回復が難しいほど精神的に厳しくなって、転職しなくてはいけない状況に追い込まれたのなら・・

働いていることで回復が難しいほど心的なダメージが蓄積されてしまい、転職せざる負えなくなってしまった時には、そのときは、職場の人に相談するよりも家族と相談して、会社を辞めるかどうかの判断をした方が良いです。なぜならば、働くのは当事者である自分です。が、しかし同時に家族の問題でもあるのです。毎月、どんなに高い報酬を得られたとしても、メンタル面がダメージを負うほど働きつづけるのは、健全とは思えません。現在では、経済的なことよりも、働きやすいことを優先したって良いはずです。あなたの家族とともに、あなた自身の心と体を大切にしていきましょう。

直接雇用ではなく派遣という形態で仕事をする人がだんだ・・

派遣会社に会員登録して働く人が現在増加する傾向にあります。もし、自分が派遣社員になるつもりなら、派遣先から支払われる1時間あたりの報酬がいくらで、その中で何割が自分に支払われるのかを可能であれば面接時にたずねておきましょう。派遣業は、労働力を欲する企業に人材を派遣し、その対価としてお金を手数料を徴収するシステムなのですが、現場に派遣される労働者の取り分をうやむやにしている場合が大半です。5割以上支払われているのであればまだいい会社なのですが、中には開示すらしない派遣業者も多く、酷い派遣会社では、2割しか支払われていなかった場合も多いといえます。面接時、誠実に返答してくれない派遣業者は、隠ぺい体質であることが多いので、できる限り違う派遣会社で登録されることを推奨します。

この前仕事を探すために人材紹介会社に登録に向かいました。

3日ほど前転職のために人材バンクに登録に出向きました。そのとき登録するときのカウンセリングを行うために出てきた担当の方が見た感じ新入社員らしくて、、こちらが説明している話の2分の1もその社員はわかってはいない感じです!さらに「キャリアデザインを作り直した方がいいですね」とか「きちんと自分の強みを明確化しておくことが重要でしょう」とか、一丁前の話を偉そうに言うから非常にイラつきました。カウンセリングを担当する人は多少は社会人経験がある人にするべきだと思います。