転職する場合は、あれこれ情報収集されるとは思いますが…

転職を行う場合、いろんな方法で情報を収集する人が大半だと思います…

  • 転職活動を行う場合、いろんな経路で情報を集めるのが通常だと思いますが、転職に関する口コミサイトはとても有益です。少し前に、会社に不利益となる悪い口コミが書かれたということで、サイト運営者に対して損害賠償請求をしたケースがありました。会社の都合で退社した元社員の復讐によってその手の口コミが投稿された、と見るのが一般的ですが、裏を返すと、ウソの書き込みだったのなら、会社としては気にしなくていいようにも思えます。または、本当は『クロ』で「マズイと考え急いで炎上をしずめよう」と考えている可能性もあります。「口コミサイト」も炎上ネタが増えることでアクセス数が増えたり、サイトが注目されるチャンスになるので黙認していますが、悪い口コミが多いと言う事はそれだけ入社してからトラブルに遭遇する心配をしなければいけないとみなしていいでしょう。そもそも、良い会社だったらトラブルは起こりませんから。

  • 古来より日本には”石の上にも3年”といわれる諺もありますが、…

  • 古来より日本には”石の上にも3年”という諺がありますが、現在の社会では終身雇用制は死語になりつつあります。「転職」は決して珍しいものでなくなっています。とはいえ、「仕事を変えること」が一昔前よりも身近になってきたとはいえ、安易にそれを選択するのは考えものです。実際に転職しようと考える場合、重要なのはタイミングを見計らうことです。必ずや今現在の職場、や仕事内容について、納得できない点をおよそ10個、メモしてみてください。そうしておくことで、転職を決断することです、そして、もし未来の展望が拓けたのなら、尻込みすることなく、今よりも良い仕事ができるよう、トライしていることも大切です。

  • 長期間接客関係で務めていたのですが、年齢的に立ち続ける必要のある仕事…

  • 長きにわたって接客関係で勤務してきましたが、歳をとるにつれて立って行わなければいけない仕事は体力的に耐えられないため、座って仕事ができる事務の仕事へ転職することを考えて行動にうつりました。事務の経験がなければなかなか厳しくて、そうであれば接客経験も活かせる受付兼医療事務をしようと資格も獲得し個人病院に転職しました。周囲はベテランである先輩パートさんばかりで人間関係が大変。夜の勤務ばかり押し付けられて、接客業時代よりも帰りも遅いのですが、今はキャリア形成をするんだと腹をくくって頑張ります。

  • 自分の大好きなジャンルの仕事に就きたいという風に思っている人は要注意です。

  • 自分の大好き、を仕事にしたいという風に思っている人は気をつけた方が良いです。これは、私が体験したことなのですが、私の場合、食べることが大好きで過去には、飲食店(レストラン)で仕事をしていた時期がありました。そのレストランでの業務は、そのレストランで私が任されていた業務内容は、盛り付け作業やホール業務です。この業務内容に関しては、嫌なこともありませんでしたし楽しみながら仕事ができていました。けれども、職場の人間関係に悩まされました。ということが引き金となり、退職する羽目になったのですが、その影響で、あんなに大好きだった食べることやそのレストランでメニューとして提供していた食べ物すら嫌いになってしまい、その系列の飲食店には現在も行く勇気がありません。当時の匂いを思い出すのも苦手です。仕事に就いた頃は、好きだったことがキライになるとは思いませんでした。自分の得意なことや大好きなことを仕事にしたいと願うのは素敵ですよね。ですが、「好き」はどのくらい本気なものなのか、じっくり冷静に尋ねる必要がありそうです。

  • 求人サイトを見る場合、「事務系の仕事をしたい」と考えている人・・

  • 求人に関する情報をチェックする際、例えば、「デスクワークがしたい」という人は、はなから製造業を見ようとしないものです。そのような人の多くは「製造業は、現場で製造する仕事だけしか募集してない」と誤解しているケースもあります。実際に、製造業の求人であっても現場に出る製造の仕事だけでなく、経理、人事、総務などの従業員募集から、資材、購買、営業管理などの「オフィス系」に関する役職も結構な数あります。しかしながら、製造業の多数はビジネス街からやや離れたエリアにかまえていることが多いです。そのため、仕事帰りに買い物を楽しめる環境で働きたいと考えている人には、それが嫌だと言う人もいるかもしれませんが、しかし、自分のエゴをなくすことで良い仕事や出会いが得られる可能性もあるので、ぜひ選択肢に加えてみてください。

  • 全くの未経験である業界などに転身を行う際は、以前の会社で、自分・・

  • 全く経験したことがない業界などに転身したい場合には、前の職で身に付けたスキルやこれまでやってきたことを生かすことができるという自己アピールが必要です。その分野で経験をしたことがないという人は経験のない分その業種を経験している人よりも実際のところ、不足することはありますが、自らが保持している力がそのジャンルでも生かすことができるということをうまく伝えれば、勝負になることもあります。したがって、経験したことがない業種にチャレンジするときには、その業種と今まで自分が経験してきた職務とのかかわりを徹底的に探しましょう。

  • 転職活動では、企業とのやりとりというよりどっちかというと「担当面接官」…

  • 転職のための活動は企業そのものというより、具体的には「担当面接官」とのやり取りが重要です。しっかり採用してもらうために、まずは緊張せずに平常心で対応しましょう。たとえばお見合いをする気持ちで望むと良いと思います。更に大事なことは面接に進むとまずはじめにあなたの中身をくまなく見られるので悪い評価になるような身なりは気をつけてゼッタイにやめましょう。また品性の有る雰囲気やT・P・Oなどに応じて面接に適した服装で向かいましょう。あなたの個性を表現できるといいでしょう。魅力ある人物と面接官に思ってもらえれば、かならず自ずと良い結果を出せるはずです。