生まれて初めて失業保険を受けるときに、何もしなくてももらえると思っている人が…

生まれて初めて失業保険をもらう場合、何もしなくてももらえると思っている人・・

  • 生涯初の失業保険を受ける場合、じっとしていれば受け取れると思っている人が非常に多いですが、それは間違いです。現実には、失業保険をきちんと受け取るためには、就職活動をしなければならず、月に一度はハローワークに行かなければいけません。1ヶ月周期で職員と就職活動の状況やきちんと活動をしているかを勘案して、きちんと就職活動をしていることをわかってもらえれば翌月、保険が給付されるという仕組みになっています。一方、本気で就職活動に取り組んでいないと思われたり、月に一度のスタッフとの面談に顔を出さないときは、情け無用で給付してもらえなかったり、場合によっては以降の給付資格自体を失うおそれもあるので、そうならないよう気をつけてください。

  • ある古物商の会社で書類選考に受かりました。すぐに先方から面接日時を告げられました。

  • とある古物商の会社で、書類選考に受かりました。すぐに担当者から、面接予定日を連絡してもらいました。ですが、面接日当日、指定場所に向かうと、なぜか相手が、面接準備を一切していないと知りました。待っていると、所長らしき人物が面接担当をしてくれましたが、最初から最後まで、けだるい表情を見せ、何とか面接が終了しました。けれども、予定日を過ぎても合否連絡が一切なく、いてもたってもいられず、自ら問い合わせてみたところ、「郵送で今日送った」と告げられました。しばらく待っていましたが、しかし、これも未着でそんなわけでまた問い合わせたところ、意味が分からなかったのですが、「残念ですが不採用」ということで、一方的に電話を切られてしまいました。あまりの対応に呆れ返ってしまい何も言えませんでしたが、内心、不採用でよかったです。

  • 転職活動を始めるとき、予め、インターネット上で求人サイトを閲覧したりし・・

  • 転職活動を行うとき、はじめに、ハローワークの求人票や求人雑誌、あるいはウェブ上の求人情報を見たりして気になる会社を調査するとは思います。とはいっても、当該会社がその会社が情報を世間に出す際には、専属「コンサルタント」が手を入れている可能性が高いです。コンサルタントは、会社に都合の悪い情報を隠す特徴があります。仮に公開する場合でも遠回しな表現に徹します。そのような会社情報や社員のインタビューについては、額面通りではなく、参考程度に聞いておいた方がいいでしょう。仮に額面通りに受け止めて会社に入ってしまった場合、予想とは全く違うとあとで後悔するかもしれません。たちの悪い会社は、素直な人材を効率的に取り込んで、その後は難癖をつけて、辞めさせないようにするかを考えている。この手のブラック企業には注意しましょう。

  • 今日、ウェブ上では、「就職斡旋エージェント」だけでなく…

  • 現代、ネット上では、「就職斡旋エージェント」以外にも、ビジネスの一環としてヘッドハンティングの請負を行う会社も増加しています。もしもあなたが特許を出したことがあるなら、コンタクトを受ける可能性が高くなります。ヘッドハンティングを行う会社は、特許権を獲得した人以外にも、研究開発で論文を提出した経験がある人や、「テレビや雑誌」で特集された人など、何らかの業績を残したと思われる人を対象に、電話やメールを用いて接触し、ヘッドハンティングのためのネタとしています。万が一、あなたがいかにもヘッドハンティングのような連絡をもらったならそうなったキッカケを思い出してみましょう。ここ最近は、ヘッドハンディングのように見せかけて、登録料を払わせようとする会社がありますが、その手の業者はむろん詐欺なので、気を付けましょう。ヘッドハンティングは、企業が仲介業者に報酬を支払うので転職希望者がお金を払う必要などありません。

  • 転職サイトは大規模なサイトの方が豊富な量の求人情報が掲載されているた・・

  • 「転職サイト」は、大手のほうが豊富な数の企業が掲載されているため、関心のある2つか3つの会社を、ともかくメンバー登録して、希望する勤務地や収入についてチェックを入れて、さらに自動の案件紹介設定をしておくと楽に情報収集を行うことができるようになります。だとしても、最初に限っては登録するのに非常に時間がかかるので、サイト登録前に「履歴書」「職務経歴書」をきちんと作成しておき、そのコピー&ペーストをする形で登録すると簡単です。初めの登録のときは少々時間がかかりますし、案件の検索や、その後の応募も大変に感じるかもしれません。が、その後は新着の求人情報のみチェックすれば大丈夫なので、後の応募を考えれば、初回の準備を抜かりなく行うことを心がけるのが無難です。

  • 再就職先でこれまでに培われてきたキャリア・スキルを生かせたら…

  • 新たな職場でこれまでに培われてきた能力を活用できれば、即戦力と見られて割と早く職場にも馴染めるはずです。いい人を求人している雇用先も即戦力となる人材は常に欲しがるので、時期さえうまくいけば、難なく事が運びやすいといえます。更にかつての仕事内容と似た仕事なら可能性は十分にあります。しかし、即戦力となるスキルがあったとしても一流企業の事務仕事や、公務員(国家・地方ともに)の募集については、時代や景気に左右されることなく相当な競争率となることを覚悟しておきましょう。

  • 求人関連の情報を見てみると、とうぜん大部分の企業で…

  • 求人についての情報では、ほとんどの場合、まともな企業では月にもらえるお金がしっかりと記載されていますよね。しかしこの月収の欄を見る時には、深く確認する事が欠かせないです。その数字だけを見てわかってしまわないほうが良いです。何故かというともしかすると、月収の額の中に「毎月30時間の残業」が含まれているかもしれません。要するに残業代をトータルすることで良い案件に見せて、人材を募集しているケースも考えられます。また、基本給プラス歩合給で、その歩合を過大に計算に織り込んでいる会社もあります。その手の可能性の少ないケースを誇張しながら、人を集めるような会社は注意が必要と言えるかも知れませんね。